何かしらの理由で家族には内緒でキャッシングしたいときは?

大手金融業者のカードローンを利用すると信用確認のためほぼ確実に連絡が入ったり会社への在籍確認など何かしら誰かにキャッシングをしたいことが伝わるリスクがあります。ですがそれらを回避したいときには大手金融業者を利用するのではなく小中規模の金融業者を狙っていくのも得策のひとつです。

大手とは異なり小中規模の金融業者はコマーシャル活動を大きく取らない分、審査可決率をあげてくる傾向にあります。必ずしも通りやすいということを保障するわけではないので必ず審査は行なわれますが、在籍確認などについては場合によっては行なわれないこともあります。

そのほか家族に内緒という点では学生が利用したい場合で親権者同意を求められるケースを回避したい場合などは、同じく小中規模のカードローンではありますが学生ローンを利用するという方法もあります。学生ローンは学生が利用することが前提ですので業者にもよりますが親権者の同意を取らなくても貸し出してくれる場合があります。

これらの業者も必ず審査を行なっていますのであくまでも在籍確認や親権者同意確認をしていない場合でも審査が甘いということには直結しません。あくまでも個人で処理できる業者が存在する程度の認識であるほうがよいでしょう。

Web完結を利用して便利にカードローン

私は以前、出費が重なって生活費が不足してしまい補てんするためにカードローンを利用する事になりました。生活費の補てんという事ですぐお金が必要でしたので即日融資に対応している消費者金融のプロミスに申し込みをする事にしました。

プロミスは自動契約機で申し込む事が出来ますが、自宅近くに自動契約機が設置されていなかったのでホームページから申し込みをしました。プロミスはホームページからWeb完結で申し込めるという事で自宅でスマートフォンを利用して手続きをしました。本人確認書類の提出がスマートフォンのアプリで撮影して提出出来るのがすごく便利でした。

審査は開始してから40分で結果が出て可決されたのでその後契約手続きをして融資可能になりました。プロミスはホームページからWeb完結で申し込むと借り入れも振込キャッシングを利用する事が出来ました。それでホームページから融資の依頼をして指定の口座に5万円振り込んでもらいました。そのため自分は口座から振り込まれたお金をATMで引き下ろすだけでしたので手軽にお金を借りる事が出来ました。

プロミスは金利が17.8%と高めに設定されていましたが、初めての利用でしたので借入日の翌日から30日間無利息になりました。そのため加算される利息が少なくなったので返済の負担も軽減出来ました。

カードローンの金利が高いと感じたときにやるべきこと

とても使い勝手がいいカードローンですが、使い慣れてくると皆さん同じ想いを持つようになります。それは返済とともに支払う金利のことで、「もっと金利が低いところで借りたい」というもの。
最初は納得して使い始めたカードローンなのに、利用頻度が増して長く使っていると金利を払うのが苦痛に感じるんですね。

そこでネットで検索したりして低金利のカードローンを探すわけですが、実際のところ100万円を超える大口の融資枠か、借換えローンの契約でもしない限り、金利に大きな差はありません。

どこの金融会社も大口融資は金利を低くく設定しているものの、30万円以下の小口融資ならほぼ上限金利での融資になるからです。なので、例えば融資枠30万円のカードを3枚作るなら、100万円まで使えるカードを1枚作った方が金利面では有利なはずです。

とは言っても、新たに100万円の枠を持つカードを作るのは簡単ではありません。
通常のカードローンより審査も厳しくなりますし、返済可能な事を裏付けする収入も必要になってきます。ここで審査に通過するのが難しい人は、今利用しているカードローン会社に相談し、利用枠の拡大を相談してみるといいでしょう。

このように利用する金額が大きくなれば金利が下がる仕組みのカードローンですが、借りる必要のないお金を借りてまで金利にこだわる必要はありません。

本当に返済が厳しくなり、利息を払い続けることが苦痛になった場合は自分だけで解決しようとぜず、法律の専門家に相談して解決方法を探してみましょう。

参考:法テラス

同じようで意外と差がある!カードローン選びはココをチェック

お金が足りない時の一時凌ぎとして使えるのがカードローン。
以前と比べると金利も手頃になり、使うことに抵抗がなくなった人も多いと思います。
では、誰もが使いやすくなったカードローンの中から、自分好みの一枚を選ぶにはどうすれば良いのでしょうか。

ひとつ目は金利などのスペックをよく確認してから申込むことです。
法改正によって一気に低金利化が進んだカードローンですが、それでも各社の金利には僅かな差があります。使う期間や金額によっては数十円の差しか生まれないかも知れませんが、まとまった金額を借りたり、借入期間が長くなれば僅かな金利差でも無視できません。

金利と同様に重視すべきポイントが使えるATMの豊富さです。
今やコンビニに行けば必ずと言っていいほどATMが設置されている時代。どのコンビニATMが使えるのかに加え、返済の時に手数料が発生するかどうかも確認しておきましょう。
よくあえるパターンとしては自社ATMでの返済は手数料が掛からず、提携ATMからの返済は手数料が発生するパターンです。

atm1112

最後に注意しておきたいのが「すぐお金を借りたい」というように借入れを急ぐケースです。
カードローンは基本的にカードを発行してもらってから利用開始となります。
従って特に急いでいない場合は、審査完了後にカードを郵送で受取るという流れになります。
当然ながらこの方法では申し込んだその日にお金を借りることができません。
即日融資に対応したカードローンであれば振込融資や店舗でのカード受取りなど、すぐに利用開始できる方法が記載されていますので、必ず確認してから手続きを進めてください。

参考サイト:お金を借りる(http://www.eurodyn2011.org/)

即日キャッシングは外出不要!その場で出来る

即日キャッシングは、外出せずに誰でも利用できる時代になりました。
というのも、今のパソコンやスマートフォンを所有してる人が増えるにつれて、キャッシング業者でもwebを介した審査に申し込みする方法が当たり前になってきました。

いわゆるweb申し込みというのですが、パソコンやスマートフォンを持っていれば誰でもできるのです。個人情報や勤務先情報は、画面上に入力するだけですし、提出書類は本人確認書類や収入証明書書類をアップロードするだけです。
しかも、消費者金融は、最短で即日審査の回答を実施していましすし、即日振込対応も可能になります。

以上のように、現在の消費者金融は、スピィーディーに審査結果を回答してくれますので、即日キャッシングは特に珍しいことではないのです。

ただし、注意するべきポイントはあり、即日振込キャッシングの場合は、なるべく早い時間帯に審査に申し込みするようにしましょう。
というのも、14時以降は、翌営業日以降の振り込みの可能性がありますので、即日キャッシングができなくなるケースもありえるのです。

今回は、外出せずに即日キャッシングをする方法をのべてきましたが、自動契約などでカードを受け取り即日キャッシングをする方法もあります。
各自、好みに応じた審査方法を選び、即日キャッシングを体験してみてはいかがでしょうか。